【大阪】ライブ撮影教室 初級編 2019年4月9日、13日、25日

・友達のバンドのライブ撮影を頼まれたけど難しいんじゃない?
・風景やスナップは撮るけどライブの設定はわからない
・ライブの空気が伝わるような写真を撮りたい

ライブ撮影って難しいと思っていませんか?
そうなんです。実は非常に難しいのです。
でも、設定とマナーとコツさえつかめれば思っていたよりもいい写真が撮れるようになるものです。

この初級編では比較的大きめの会場でライトの設備もしっかりした光の条件がいいライブでの座学・実写・講評を3回にわけて進めます。

※募集を終了いたしました

実施要綱

開催日時 ① 2019年4月9日(火) 19:00〜20:30
② 2019年4月13日(土) 11:45〜22:00
③ 2019年4月25日(木) 19:00〜20:30
場所 ①③グランフロント大阪 タワーC 9階 VISLAB大阪
THE LIVE HOUSE CHICKEN GEORGE (神戸 チキンジョージ)
*専用駐車場はありません。
内容 ①【座学】2019年4月9日(火) 19:00〜20:30
撮影するときのコツ、マナー、撮影の楽しみ方を学んでいただきます。
カメラの設定とレンズの選択、たち位置など会場の図面で説明します。

②【実写】2019年4月13日(土) 11:45〜22:00
リハーサルから撮影が可能です。本番のみの参加でも構いません。
1日中になりますが、本番までの体力の配分や飲食のタイミングも勉強になります。
模擬撮影ではなく実地撮影です。 当日の詳細(集合場所、時間等)は座学のときに説明します。

③【講評】2019年4月25日(木) 19:00〜20:30
撮影したデーターから10枚ほど持ってきてもらい画面で見ながら簡単に編集にも触れます。

持ち物 筆記用具、一眼レフまたはミラーレスカメラ
 レンズ交換式のカメラに限定します。
 コンパクトデジタルカメラやスマホはご遠慮ください。
 カメラの貸し出しはございません。
 三脚・一脚・ストロボは使用不可です。(集合写真ではストロボを使用できます)

実写で追加するもの:リハーサル中の飲料、ウィダーインゼリなどの補助食品、タオル、予備のメモリーカード、バッテリー

受講料 ①②③全講座受講:20,000円(ライブのチケット代、ワンドリンク券を含)
※別途交通費や飲食代がかかります。

①③のみ受講:10,000円

※お申込みメールを確認後に、お振込先などの返信をさせていただきます。
※カード決済(VISA、Mastercard)が可能です。備考欄にカード決済希望とご記載ください。

講師
岡松秀明
1965年 東京生まれ
小学校入学からの小遣いを貯金して購入したコニカC35で小学6年生の時に写真部に入部して以来鉄道・スナップ・マクロ撮影を経て2005年ごろからサラリーマンと平行して撮影で収入を得る「副業カメラマン」を開始。
2015年 フォトまっちゃん代表
ライブ・舞台・ダンスなどの動き物を中心に写真撮影をする一方スケーターであることからフィギュアスケートの撮影もする。
写真撮影と動画収録・編集の両方をこなす「TEAM TURTLES」を結成。
ドローン部隊と自らのダイビングによる水中からの撮影とで海からも空からも撮影できるオールマイティーな撮影集団を運営。
センター写真教室のマネージャーを兼任しつつ自らの初心者教室とライブ撮影教室の講師を務める。

注意事項 全講座受講は4人までの人数制限があります。早めにお申し込みください。
なお、①、③のみ受講は最大12人まで参加いただけます。
②実写のみの参加はできません。

①座学は必須となります。そこでお伝えする「実写におけるマナー」は重要ですので、必ず①座学を受けていただいてからの②実写となります。
①座学を受けられず実写に参加できない場合でも返金は致しません。
③講評は②実写に参加できなかった方も参加してぜひ勉強してください。

定員 ①②③全講座受講:4名(最少開講人数2名)
①③のみ受講:8名(最小開講人数4名)
※最小催行人数に満たない場合は開講を中止する場合がございます

*お申し込みフォーム 備考欄に 全講座受講、①③のみ受講の表記をお願いいたします。

主催・問い合わせ コンテンツビジネス・ラボ(Center写真教室)
TEL:06-6377-6303
HP:https://cb-lab.jp/
MAIL:info@cb-lab.jp