【大阪】季節を感じる写真を撮ろう!春編 2018年3月22日・4月1日・4月12日 (3日間完結)

日本には四季があり、それに伴い景色や風景が変わり、そして我々の生活も変化します。季節の移り変わりを感じて作品を仕上げましょう。
対象 : 初級~中級

季節の風景は何処を切り撮って画にするか?
1.街並みや風景の季節感を出す方法を考える
2.花や木々から季節感を感じ取り、それをどのような写真にするか?
3.四季の生活に密着している人々の生活感も写真にする

実施要綱

開催日時 (1)2018年3月22日(木) 18:30~20:30
(2)2018年4月1日(日)  13:00~16:00
(3)2018年4月12日(木) 18:30~20:30
場所 (1)(3)グランフロント大阪 タワーC 9階 VISLAB大阪
(2)京阪神付近
内容 (1)【座学】2018年3月22日(木) 18:30~20:30 120分
四季を感じる写真と言えば、一般的には風景写真を想像するのですが、
風景写真にこだわらず、街並みや人々の動きや生活などから季節を感じる写真を撮影する方法をお教えします

(2)【撮影実習】2018年4月1日(日) 13:00~16:00 180分
撮影実習では、今回は春を感じる写真を撮るには、どうすれば良いか?
春の花や木々を撮れば簡単なのですが、それだと当たり前の写真になります。
もう少し切り口を変えて撮影してみると、一味違った作品が出来上がります。その切り口を探ってみましょう!   
※現地集合のため、集合場所等は講座の7日前を目途に連絡致します。

(3)【座学】2018年4月12日(木) 18:30~20:30 120分
作品の講評
撮影実習に撮影したデータを5~6点前後自分で選んでお持ちして頂いて、
何を基準に選んだか?どの点を変えていけば上達するか?講評します

受講料 15,000円(3回完結受講・交通費、及び施設利用費は含みません)
講師
東 隆石(日本広告写真家協会 理事)
1955 年 奈良県生まれ
1973 年 大阪芸術大学映像学科 卒業
1974 年 株式会社サハシ 入社 営業部所属
1982 年 日本写真映像専門学校 卒業
1983 年 株式会社 フォトエージー入社 角尾英治氏に師事
1987 年~ スタジオ アミューズ 設立
< 主なクライアント >
TOMORROWLAND・GIVENCHY・上田学園・七賢出版
・最新医学社・髙島屋・LINE・K-POWERS
< 講師歴 >
2002 年~2004 年 和歌山 西本カメラ 撮影会
2007 年~2010 年VANTAN デザイン研究所 講師
2005 年~ ヨドバシカメラ大阪 撮影会
2009 年~ Nikon カレッジ 講師
2011 年~ アミューズフォトスクール 講師
< 写真展 >
2002 年~ (公社)日本広告写真家協会 関西支部写真展
2012 年~ アミューズフォトスクール写真展 : 富士フォトサロン大阪
< 所属団体 役員 >
公益社団法人 日本広告写真家協会 理事

  

定員 (最小)5名~(最大)15名
※最小催行人数に満たない場合は開講を中止する場合がございます
主催・問い合わせ コンテンツビジネス・ラボ(担当:木岡)
TEL:06-6377-6303
HP:https://cb-lab.jp/
MAIL:info@cb-lab.jp

この講座に応募する